2017-09

第一章 故郷から吹く風・前編 【続・愛の若草物語】 

タイトル
=1=

汽笛の音が遠くで響く。
窓から入り込んだ風が一陣、前髪を玩びながら吹き抜けて行った。
秋の日差しが柔らかに降り注ぎ、髪の表面に潜ってきらきらと光っている。
ジョオはまどろみの中でぼんやりとそれを見つめていた。

ふと足元で鈍い音が鳴り、二等車の固いシートが揺れる。
その振動で現実に引き戻された彼女は髪の編みこみに手をやり
そっと整えると再び汽車の窓に目をやった。

いつしか都会の街並みは消え、懐かしい田舎の風景が広がっている。
じきにニューコードにも着くのだろう。
そう思うと知らず知らずに溜め息が漏れた。

no1-1.png

マーチ家の次女、ジョオ-ジョセフィン=マーチが
ニューヨークで暮らし始めてからもう八年が経とうとしていた。
妹のベスの病状が芳しくないとの手紙が届き、悩んだ末の決心だった。
懐かしく愛おしいはずの我が家、しかしこの帰郷は彼女の心をまるで鉛の鎖のように
重く縛り付けていた。
五年前のあの時から、ジョオの心の時間はずっと止まったままだったのだ。

ふいにガチャガチャと物音が奥の車両からした。
それは一人の老婦人が現れた。
「こちらは空いているかしら?」
厚い眼鏡のレンズの奥から小さな目をぱちぱちと瞬かせ、
婦人はジョオの向いのシートを指差した。
noa2a.jpg


「ええ、私は一人ですから。」
ジョオの短く微笑みを返した。
婦人はジョオの質素な身なり、必要最低限の荷物などに目をやると
安心したのか、婦人は抱え持った一杯の手荷物を次々にシートの上へと
放りながらまくしたてた。

「あぁ、ありがとう。ようやく座れたわ。
私、いつもは一等に乗るんだけど席がいっぱいでね。
親切なお嬢さんに会えて本当に良かったわ。
なにしろボストンまでは長旅でしょ。
ボストンにはね、妹が住んでいるの。
もう十五年にもなるかしら・・。
昔は私も住んでいたのよ。
でも、きっと何もかも変わってしまっているでしょうね。
時間が過ぎるって寂しい事だわ。」
婦人は人懐こそうな微笑をジョオに向けた。
しかし、ジョオは今度は笑みを返す気にはならなかった。
なぜだか自分の心の深い場所を見透かされているように思えたからだ。
ジョオは言葉なくうなずくと泳いだ視線を窓の外へと向けた。

その時だった。
ジョオの視線の先を小さな喚声と共に窓の外を白い花びらのようなものが舞った。
それは女の子の小さな帽子だった。
前の方の車両から小さな女の子の泣き声が聞こえる、きっと風に取られて落としてしまったのだろう。
no4a.jpg

故郷から吹く風に乗って泳ぐ帽子。
『あの時と一緒だ・・・。』
全速力で走る汽車の轟音も、
老婦人の他愛ないおしゃべりも、
耳を叩く風の音ももう耳に入らなかった。

no3c.jpg
-あの時と一緒。
心の中に凍りついた想い出が次々に砕け、胸が焦げるように疼く。
ジョオは音の無い世界の中であの時の記憶が心に溢れ出す音だけをどうすることも出来ずに聞いていた。

つづく

文・石神
イラスト・りん

にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ
web拍手 by FC2

● COMMENT ●

新たなるスタート。

こんばんは。絵だけでなく文章も読みやすく魅力的ですね。情景が眼に浮かぶ様です。何よりも全体的に上品だと思います。 さて、社会人の場合、色々お忙しいでしょうし、たとえ時間が取れても創作と言う物は出来る時はいくらでも出来るのに、出来ない時はどうしようもないものですから、無理をなさらず、楽しみながら長くお続け下さい。

ありがとうございます^^*

limさん、こんにちは。
コメントありがとうございますそういっていただけると素直に嬉しいです。v-354
こういう長いお話を作るのは慣れなくて、しかも絵もまだまだ修行中の未熟者ですが、無理せずに続けていきたいと思います。
目指すは、青春群像劇!i-229

りん



お久しぶりです&コメントありがとうございます。
そうですね、途中で座礁だけはしないようにしないと…(^_^;ゞ
limさんのおっしゃる通り楽しみながら続けていきたいと思います。
名劇ファンのみなさんにも楽しんでもらえたら嬉しいのですが。
石神


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ainowakakusa.blog82.fc2.com/tb.php/428-c77df7b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

過去イラスト2 «  | BLOG TOP |  » 続・愛の若草物語一話完成

プロフィール

石神弘一&りん

Author:石神弘一&りん
世界名作劇場の『愛の若草物語』の
応援サイトを夫婦で運営しております。

創作小説「続・愛の若草物語」は
文章は、石神
絵は、りんが担当


**私たちのHPです**
てぶくろを買いに
世界名作劇場と「愛の若草物語」のファンページ

ピクシブ

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入り

にほんブログ村に参加しています。

ブロとも一覧


■ ブログ名:そよ風の日記帳

■ ブログ名:D階段

■ ブログ名:世界名作劇場雑記

■ ブログ名:ミトン絵日記

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ