2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

~浪漫飛行~続「カールじいさんと空飛ぶ家」を観てきました。

カールとエリー

君と出逢ってから いくつもの夜を語り明かした はちきれるほどMy Dream…

と、なんとなく米米クラブの「浪漫飛行」を口ずさみたくなる今日この頃。
イラストは、「カールじいさんと空飛ぶ家」から出会った頃の幼いカールとエリーです。
子どもの頃のエリーは、すきっぱでのちのち美人なるとはとても思えないけど、すっごくチャーミングで可愛い。
大人のエリーも描きたくなってきたなぁ。


これから先、ネタバレあります。

(絵・文 りん)
子どもを持つことができなかったエリーは、子どもの頃からの夢であった伝説の場所へも行けずに亡くなってしまったけど、彼女とってはカールとの暮らした日々が、なによりも楽しい冒険だったんでしょうね。エリーが、心から幸せだったと思いたい。

パラダイスの滝でカールが彼女の残した最後のメッセージを読むシーンがとても印象的でした。
エリーを亡くした消失感から、彼女と想い出あふれる家に固執し、その家にとらわれ雁字搦めになっていた心が一気に解き放たれたような感じがして、清々しいというかなんというか。人によっては、家具一切をポイポイと捨てるカールに違和感を感じた方もいたかもしれませんが、私はあの場面がとても好きです。
家具や家がなくなっても、エリーとの暮らした日々は決して消えないと思うから。


一つちょっと残念なのは、カールの憧れだった冒険家が悪役になってしまったこと。
憧れは憧れのままにしておいて欲しかったかな~。
中盤の冒険は、ややダラダラした展開が気になりましたが、ラストは、良かったですね~。
前回にも書きましたが、今回一番胸打たれたのは、カールじいさんの心を最後までとても丁寧に描いていているところ。カールやエリーの気持ちを思うだけで暖かい気持ちになります。

実は、「レミーのおいしいレストラン」あたりから作品の出来がいまいちのような気がして「ピクサーはこの先大丈夫なんだろうか…」という不安があったんですが、この作品はその不安を吹き飛ばしてくれました。

ああ、それからダグも良かったな。
犬好きとしては、ダグのあのまるまるとした胴体にメロメロになっちゃました。

今回初の3D映画でしたが、3D映画としての新鮮な感動は、それほどありませんでした。(笑
2Dでもう一度しっかり見直したいです。



web拍手 by FC2

● COMMENT ●

こんばんは☆

りんさん、石神さん、お久しぶりです^^
「カールじいさんと空飛ぶ家」とっても良い映画なんですよね!
私も今年中に観に行く予定です^^

ネタバレの方は観終わった後に見させていただきまーす^^/
3D映画って初なので、楽しみです(*^^*)
イラスト可愛らしいですね☆
子供のころのカールとエリーなんですね~^^

こんにちは、八葉抄さん。お久しぶりです。
おおっ、八葉抄さんも観に行かれるんですね !
ぜひ楽しんで来てください。i-179

最近3Dの映画が増えてきましたよね~。
私も今回が初めての3D映画でした。
本編前の映画予告も3Dのものがあり、それも3Dの感覚が楽しめますよ。e-116e-226
>イラスト
ありがとうございます。e-330
可愛い場面だったのでついかきたくなってしまいました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ainowakakusa.blog82.fc2.com/tb.php/360-0a192db5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジブリの新作は「借りぐらしのアリエッティ」と愛しのエリー «  | BLOG TOP |  » 大きな前売り券「トイストーリー3」

プロフィール

石神弘一&りん

Author:石神弘一&りん
世界名作劇場の『愛の若草物語』の
応援サイトを夫婦で運営しております。

創作小説「続・愛の若草物語」は
文章は、石神
絵は、りんが担当


**私たちのHPです**
てぶくろを買いに
世界名作劇場と「愛の若草物語」のファンページ

ピクシブ

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入り

にほんブログ村に参加しています。

ブロとも一覧


■ ブログ名:そよ風の日記帳

■ ブログ名:D階段

■ ブログ名:世界名作劇場雑記

■ ブログ名:ミトン絵日記

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。